沖縄弁護士会TOP >> 沖縄弁護士会会長からのメッセージ
沖縄弁護士会会長からのメッセージ

 ごあいさつ

 

沖縄弁護士会

会長 赤嶺 真也

  

ご 挨 拶

 
2019年(平成31年)4月1日
 
はいさい! ぐすーよー、ちゅーうがなびら。
(こんにちは! 皆さん、ごきげんいかがですか。)
沖縄弁護士会のホームページへようこそ。
私は、2019年度の沖縄弁護士会会長を務めます赤嶺真也(あかみね しんや)です。どうぞよろしくお願いします。
 
 今年4月で、30年余りにわたる平成の時代が終わります。
 平成の時代は、より身近で利用しやすく、社会の法的ニーズに的確にこたえることができる司法制度をつくろうという司法制度改革の時代とも重なります。
 
 司法制度改革により、弁護士数が大幅に増え、当会でも、平成の初めころ約170人であった会員数は、現在は約270人となっています。そして、司法過疎地域の解消、裁判の迅速化、民事法律扶助、犯罪被害者支援など、多くの課題への対応、様々な制度の実施・整備がなされました。
 
 そうした流れの中で、多様な価値観が尊重され、少しずつかもしれませんが、いろんな方々、例えば、高齢者や障害者、消費者、子ども、性的少数者といった方々の様々な権利、利益が大事にされ守られる社会になってきたのではないかと思います。
 もちろん、弁護士の使命である「基本的人権の擁護と社会正義の実現」に、もうこれで十分ということはありません。
 
 今年5月からは令和という新しい時代が始まり、ICT(情報通信技術)の一層の進展、AI(人工知能)の普及、少子高齢化、人口減少などといった社会状況を背景に、新たに様々な法的ニーズが数多く現れることでしょう。
 私たち弁護士、そして沖縄弁護士会は、新しい時代においても、弁護士の使命を果たすため、努力を重ねてまいります。そして、皆さまの身近にある、頼れる存在でありたいと思います。
 
どうぞお気軽に沖縄弁護士会をおたずねください。
ゆたさるぐとぅ、うにげーさびら。いっぺーにふぇーでーびたん!
(よろしくお願いいたします。誠にありがとうございました!)