沖縄弁護士会TOP >> 新着情報 >> 暗号資産(仮想通貨)投資被害110番・アンケートの実施について
沖縄弁護士会のご紹介
 
暗号資産(仮想通貨)投資被害110番・アンケートの実施について
投稿日時:【 2021年 11月 24日 】    

暗号資産(仮想通貨)投資被害調査の実施について
令和3年11月、新聞等で、「ジュビリーエース」などの金融商品をうたい、暗号資産(仮想通貨)取引への出資を勧誘した者らが逮捕されたと報道されました。沖縄県内においても出資説明会や勧誘が頻繁に行われており、被害を受けた方が多数いる旨の報道がなされています。昨今、仮想通貨の投資話によるトラブルが散見されており、昨年は特に、県内高校における仮想通貨の投資話について、県より注意喚起がなされるような事態となっていました。
 
 このような報道等を受け、当会は、今後の対策等を検討するために、広く仮想通貨投資の被害実態調査の電話110番(11月29日)とともに、同内容の調査をWebアンケートでも実施することにしました。
 アンケートへの書き込みは、広く情報を集めるためにも、匿名で行っていただく形式と致しました。その集計結果は、今後の対応検討の他、被害説明や被害周知の広報(類似案件防止目的を含む)に使用することがあることをご了承ください(個別情報の第三者への提供は、別途同意を得ない限り行いません。)。
 
※なお、本件のような事案はもともと被害回復が容易でなく、また二次被害などが発生しがちです。仮に、第三者に費用を払って調査・回収作業等何らかの手続を依頼される場合には、依頼内容を十分確認の上、実際の実現可能性や、被害回復との費用対効果等を慎重に判断されるようにご注意をお願い致します。

〇暗号資産(仮想通貨)投資被害調査アンケート
回答https://ws.formzu.net/dist/S78113831/
 
 

 

印刷用ページ