沖縄弁護士会TOP >> ちょっと一息法律コラム >> 息子が通帳を返してくれない

ちょっと一息法律コラム
 
息子が通帳を返してくれない
投稿日時:【 2014年 01月 21日 】    

息子が通帳を返してくれない

Q.息子が私の年金振込通帳を預かったまま返してくれません。どうやら振り込まれる年金を引き出しているようです。どうしたらよいでしょうか。


A .「高齢者虐待」は最近よく耳にする言葉です。質問のように高齢者の財産を勝手に使う行為は高齢者に対する虐待(経済的虐待)です。高齢者虐待は暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。身体的虐待や経済的虐待の他にも、暴言を吐いたり嫌がらせをする心理的虐待、本人の意に反する性的行為やその強要などの性的虐待、介護・世話の放棄などもあります。
  

  質問の事例の場合は金融機関にひとまず口座を凍結してもらい、年金振込口座を変更する手続が必要です。財産管理が不安な場合は、専門家や信頼できる方への財産管理委託や成年後見制度を利用する方法もあります。
 

  まずは弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。高齢者の中には、法律相談の予約や相談場所までの移動が困難な人も多いと思います。自分の悩みを弁護士に相談すべきなのか判断ができず、ためらっている人もいらっしゃるでしょう。
 

  そこで沖縄弁護士会は高齢者やご家族を対象にした電話による無料法律相談を実施しています。毎週水曜日の午後1時~4時で、連絡先は070-(5413)-3691です。
 

  財産管理の悩み、相続問題、借金問題など、高齢者からの相談であれば相談内容は問いません。高齢者に関するご家族からの相談にも応じます。
 

  電話での解決が困難な場合や弁護士による対応が必要な場合は、面談での法律相談をお勧めすることもあります。予約は必要ありません。相談時間内に直接お電話ください。

沖縄弁護士会
会員 野崎 聖子
 
※琉球新報2014年1月21日『ひと・暮らし』面に掲載したものを一部修正しています。

 

印刷用ページ